JR北海道は、駅の「みどりの窓口」での旅行販売を3月31日出発分をもって終了し、電話やインターネットでの販売を拡充する。

インターネットや電話での販売が2011年度と比べ、2017年度には2倍以上に増加。一方で「みどりの窓口」での旅行商品の販売は約6割減少していることから、「みどりの窓口」での旅行商品の販売を終了する。「ツインクルプラザ」での販売は従来どおり継続する。

旅行商品の電話予約サービスを拡充し、市内通話料金で電話ができるナビダイヤルを2月26日より導入する。同日からは、インターネット予約サービスは「JR東日本国内ツアー」に統合し、ウェブサイト上で列車やホテルの予約を即時に完結できるようにする。指定席券売機や話せる券売機でのチケットの受け取りもできるようになる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR北海道、「みどりの窓口」での旅行商品の販売終了 電話とネット強化