ベトジェットエア

ベトジェットエアは、ベトナムの旧正月期間中、2,500便を増便する。

1月20日から2月19日までの間に合計12,500便を運航し、250万席を提供する。昨年同時期より供給座席数は約16%を増加する。

ベトジェットエアは、着陸時に前輪が外れて乗客が緊急脱出をした事故など、3ヶ月の間で7件のインシデントが発生したことから、ベトナム交通運輸省は2018年12月28日から1月5日まで監査を行っていた。

ベトジェットエアは、東京/成田・大阪/関西〜ハノイ線と大阪/関西〜ホーチミン線の3路線を運航している。大阪/関西〜ハノイ線とベトナム国内3路線では日本航空(JAL)と共同運航(コードシェア)を行っている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ベトジェットエア、旧正月期間中に2500便を増便