日本航空(JAL)は、東京/成田〜バンガロール線を2020年夏スケジュールまでに開設することを決めた。

バンガロールはインド南部の位置し、デリー、ムンバイに次ぐインドで第3位の市域人口を擁する都市。IT産業が盛んで「インドのシリコンバレー」と呼ばれているほか、自動車やバイオテクノロジー産業が発達しているという。日本を経由した北米への需要の取り込みも目指す。

機材はビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス構成のボーイング787-8型機を使用し、毎日運航する。運航開始日や航空券の販売開始日は決定次第発表する。

全日本空輸(ANA)も、東京/成田〜チェンナイ線を今冬スケジュール期間中に就航することを発表している。

■ダイヤ

JL 東京/成田(18:25)〜バンガロール(00:05+1)

JL バンガロール(02:45)〜東京/成田(14:55)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、東京/成田〜バンガロール線就航 787-8で毎日運航