セブパシフィック航空は、初となるエアバスA321neoを受領した。

座席数はエコノミークラス236席で、プラット・アンド・ホイットニー製のPurePower GTFエンジンを装備している。

セブパシフィック航空は、エアバスA320ファミリー43機と、エアバスA330-300型機8機を保有している。すでにエアバスA321neoを32機直接発注しているほか、アヴァロン・ホールディングスを通じてエアバスA320neoを5機を導入することを計画している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「セブパシフィック航空、エアバスA321neoを初受領