アシアナ航空は1月10日発券分より、出国エリアに入場後に搭乗を取り消した人に対する「ノーショーペナルティ」を値上げした。

航空機出発時間までに取消の申し出を行わなかった場合、チェックインの後に搭乗しなかった場合、従来は韓国では10,000韓国ウォン、海外では100米ドルを徴収しているところ、3倍の300,000韓国ウォン、300米ドルにそれぞれ値上げする。

現地メディアの報道によると、韓国のアイドルグループが搭乗したフライトに搭乗したファンが、離陸直前に降機を申し出たことで、乗客全員が降機するトラブルが発生したという。同様の事例は多く発生しており、フライトの遅延や諸経費なども発生していることから、大韓航空も1月より値上げしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アシアナ航空、ノーショーペナルティを値上げ 1月10日発券分から