エールフランス航空は、子会社の格安航空会社(LCC)であるJoon(ジューン)の運航停止を検討していることがわかった。

エールフランス航空は労働組合との新たな契約について発表した声明の中で、航空機や従業員をエールフランス航空に統合するプロジェクトを立ち上げることを明らかにした。市場に受け入れられることが困難で、エールフランス航空も複数ブランドを展開することで、ブランド力を弱めているとしている。

ジューンをエールフランス航空に統合することで、現在発注中のエアバスA350型機をスムーズにエールフランス航空に移管することができるとしている。ジューンの運航は統合完了まで継続し、その後はエールフランス航空によって引き継がれるとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エールフランス航空、子会社LCCのジューンを統合へ