ターキッシュ・エアラインズは、2019年9月23日より、エジプトのルクソールに就航する。

イスタンブール発は月・水・金・日曜、ルクソール発は月・火・木・土曜の週4便を運航する。エジプトの就航都市は5都市に拡大する。

ルクソールは、ツタンカーメン王の墓として有名な王家の谷の所在地として有名。古代エジプト王朝の新王国時代にはテーベと呼ばれ、首都として栄えていました。ルクソールの中心地にはナイル川が流れており、川を挟んで東側が生者の街、西側が死者の街とされている。東側には神々を祀る神殿、西側に

は墳墓が造られ、1979年には「古代都市テーベとその墓地遺跡」として世界遺産に登録されている。

ターキッシュ・エアラインズでは、イスタンブールでの乗り継ぎ時間が20時間以上の場合、イスタンブールでエコノミークラスでは4つ星ホテルに1泊、ビジネスクラスでは5つ星ホテルに2泊できる「よっ得!イスタンブール」サービスを11月より提供している。旅行者の事情による滞在でも適用できる。この他に、最短乗り継ぎ時間はエコノミークラスで10時間、ビジネスクラスで7時間以上となる場合、予約不要でホテルに宿泊できるサービスも提供している。

■ダイヤ

TK682 イスタンブール(23:20)〜ルクソール(01:20+1)/月・水・金・日

TK683 ルクソール(02:15)〜イスタンブール(06:25)/月・火・木・土

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ターキッシュ・エアライズ、ルクソール就航 9月から週4便