ANA/ANAウイングス(ボンバルディアDHC8-Q400)

全日本空輸(ANA)は1月3日、ANAより出向中のANAウイングスの40代機長が、乗務前の検査でアルコール反応が検出され、別の乗務員と交代したため、計5便で遅延が発生したと明らかにした。

遅延が発生したのは、アルコール反応があった機長が乗務予定だった大阪/伊丹発宮崎行きのNH501便、宮崎発名古屋/中部行きのNH342便、名古屋/中部発沖縄/那覇行きのNH303便の計3便と、乗員繰りのため大阪/伊丹発沖縄/那覇行きのNH761便、沖縄/那覇発大阪/伊丹行きのNH762便の計2便の合わせて5便。最大で約1時間40分遅延した。

聞き取り調査によると、機長は午後7時までに滞在中のホテルの自室で、翌日に同乗予定だった副操縦士とともに350ミリリットルのハイボール2本を飲酒していた。飲酒量は会社が定める2単位以内で、飲酒終了は乗務時刻の12時間前と規定どおりだった。

ANAでは、「ご搭乗のお客様をはじめ関係の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます」としている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANAウイングスの機長、乗務前検査でアルコール反応 5便遅延