ベトジェットエア(ボーイング737 MAX 10)

ベトナム交通運輸省は、ベトジェットエアを18日間特別監査を行うことを、12月27日に決めた。

過去3ヶ月間で、7件のインシデントが発生していることによるもの。着陸時に前輪が外れて乗客が緊急脱出をした事故などが発生しており、12月28日から1月15日まで監視下に置き、航空機の検査やメンテナンス、飛行準備や計画、地上サービスなどに焦点を当てて、査察を行う。

ベトナム各紙の報道によると、ベトナム民間航空局は7つのグループに分けて査察を行い、ベトジェットエアが要件を満たし、安全性が確保されれば特別監査を終了する。安全性がかくほできない場合には第2段階に進むことになるという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ベトジェットエア、18日間の特別監査 3ヶ月で7件のインシデント発生