中部国際空港は、空港内駐車場が2019年1月1日と2日に満車になる可能性が高まったことから、公共交通機関を利用するよう呼びかけている。

年末年始期間中、中部国際空港を利用する航空旅客や、10月に開業した「FLIGHT OF DREAMS」への来場者などへの見学目的での一般来港者が当初の想定を上回っていることから、臨時駐車場を含む全ての空港内駐車場が満車となる見込みだとしている。全駐車場が満車となった場合、航空旅客を優先して案内する可能性があるという。

中部国際空港では、平常時に5,800台分の立体駐車場を運用しており、さらに2,300台分の臨時駐車場を確保していることから、計8,100台が駐車できる。12月31日時点での駐車台数は7,430台で、駐車可能台数は670台となっている。全ての駐車場が満車となった場合に備えて駐車スペースのさらなる確保に努めるとしている。

情報提供元:Traicy
記事名:「中部国際空港、1月1日・2日に駐車場が満車になる可能性 注意呼びかけ