JR東日本は、列車運行情報のTwitter配信を開始した。

まずは先行して、新幹線・在来線特急列車の運行情報の配信を開始しているが、関東エリア(東海道方面、東北・高崎方面、中央方面、常磐方面、総武方面)、東北エリア、信越エリアの配信を予定している。

配信内容は、ホームページやJR東日本アプリなどと同様で、午前4時~翌午前2時の間にJR東日本管内で30分以上の遅れが発生または見込まれる場合、列車の運転状況を配信する。また、平常運転の場合、毎日午前7時、午後5時に運転状況を配信する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、Twitterでの運行情報発信を開始 まずは新幹線・在来線特急から