JR貨物は、2019年2月4日から11日まで開催される「第70回さっぽろ雪まつり」会場の大通公園8丁目「雪のHTB広場」で、貨物列車をモチーフとした大雪像を制作・展示する。

は主に北海道内で活躍しているDF200形式電気式ディーゼル機関車(ECO-POWERレッドベア)と、青函トンネルで活躍しているEH800形式交流電気機関車が引っ張る貨物列車で、「ECO-POWERレッドベア」がトンネルから飛び出してくる姿を再現した、迫力あるものととなる。製作はさっぽろ雪まつり大雪像制作委員会第3雪像制作部会が担う。

北海道産のジャガイモの約4割、玉ねぎの約7割が全国へ鉄道で運ばれており、雪像では輸送品の一部も紹介する。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR貨物、「さっぽろ雪まつり」で貨物列車をモチーフとした大雪像を展示