セブパシフィック航空は、7機目のエアバスA321ceoを受領した。

座席数はエコノミークラス230席で、USBポートも設置している。これにより、今年3月から導入を開始したエアバスA321ceo全機を受領したこととなり、機体数は71機に拡大した。

すでに、エアバスA321neoを32機発注しており、2019年第1四半期から受領を予定している。アボロン・エアロスペース・リーシングとのリース契約により、エアバスA320neoも2019年上半期から受領を開始し、年内に全機の受領を完了する見通しであるほか、2019年から2022年の間に、ATR72-600型機4機も受領する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「セブパシフィック航空、エアバスA321ceoを受領 発注全機受領