JR九州と、モバイルオーダー・決済システムを手掛けるショーケース・ギグ(Showcase Gig)は、JR九州グループの鉄道事業や流通・外食事業等におけるデジタルサービス強化を目的として、資本業務提携を行ったと発表した。

JR九州とショーケース・ギグは、共同開発の形で2016年より列車予約や時刻・運賃検索、JR九州運行情報など基本的な鉄道アプリ機能に加え、「JR九州の鉄道」を楽しめるゲーミフィケーション機能なども搭載したJR九州の公式スマートフォンアプリ「JR九州アプリ」を提供しており、多くの利用者がいる。

両社は今回の提携を通じ、「JR九州アプリ」におけるネット予約の操作性向上・ご利用シーンに応じた情報提供の最適化といった機能強化や、他の交通機関等を含めたシームレスな検索・予約等の実現の検討に取り組むほか、ショーケース・ギグの持つ技術力やノウハウを活用し、JR九州グループの流通・外食事業等の現場における人手不足やキャッシュレス化、インバウンド対策といった課題に力を合わせて取り組むとしている。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR九州アプリを共同提供するショーケース・ギグ、JR九州と資本業務提携 連携強化へ