JR東日本は、台湾の現地法人と連携し、2019年1月10日、台北市内に「JAPAN RAIL CAFE」を開業する。シンガポールに続く2号店となる。

JR東日本の台湾法人、台湾捷爾東事業開発が運営するもので、台北捷運(MRT)板南線・市政府駅、淡水信義線・台北 101/世貿駅近くの「Breeze南山『atre』」内に開設する。開業は現地時間で同日午前11時。営業時間は午前11時から午後9時30分(木・金・土・祝祭日の前日は午後10時まで営業)。

また、「JAPAN RAIL CAFE」内に、台湾の旅行会社・創造旅行社股份有限公司との提携により、訪日旅行者向けの鉄道パス類等を販売する訪日旅行カウンターを設置する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、台湾にインバウンド拠点「JAPAN RAIL CAFE」来年1月10日開業 日本の情報発信図る