スカイマーク

スカイマークはきょう21日、運航乗務員から乗務前のアルコール検査で陽性反応があったことから乗員を交代し、遅延させたことを受けて、国土交通省から文書による厳重注意の行政指導を受けたことを明らかにした。

これは11月14日午前8時40分発の東京/羽田発札幌/千歳行きのSKY705便に乗務予定だった機長から、アルコール検査で陽性反応があったことから、マウスピースを使用した検査を実施しようとしたところ、計測機器の取り扱いに不慣れであったことから数値測定ができず、機長を交代したことによるもの。検出されたアルコール濃度は、午前9時37分には1リットルあたり0.10ミリグラム、午前10時6分には同0.08ミリグラムだった。スカイマークが定めている乗務不可の基準値は同0.15ミリグラム以上だった。同便は約23分遅れで羽田空港を出発した。

市江正彦代表取締役社長は20%、矢口秀雄専務取締役と増川則行取締役は10%の役員報酬を1ヶ月間自主返上する。運航本部責任者は社内規程に則り、管理体制の不備に関して懲戒処分とするほか、当該運航乗務員については、厳重注意に処することを決めた。

■関連記事 スカイマーク、機長からアルコール陽性反応 交代で遅延 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「スカイマーク、国土交通省から厳重注意 アルコール検査による遅延で