JR東海は、2027年のリニア中央新幹線の開業に伴う、リニア営業車両の仕様策定に向け、2013年から走行試験を行っているL0系を更にブラッシュアップさせた改良型の試験車を製作する。

先頭車両では、営業車両の仕様である、電磁誘導によって照明や空調などの車内用の電気を非接触で供給する「誘導集電方式」を全面的に採用するため、ガスタービン発電装置を搭載しない。これまでの走行試験で得られた結果をもとに先頭形状を最適化することで、L0系と比較して、先頭部の空気抵抗を約13%下げ、消費電力や車外騒音を低減する。現在のL0系では、灯油を使用して車内用の電気を発電する、ガスタービン発電装置を搭載していた。

このほか、前照灯と前方視認用カメラの位置を上部に変更し、前方の視認性を向上させる。カラーリングも変更し、進化し続ける躍動感と新しい先頭形状での滑らかな空気の流れを、青の流線デザインでイメージした。

製作車両数は先頭車1両、中間車1両で、先頭車は日立製作所、中間車は日本車輌製造が製作する。2020年春にも完成を目指す。走行試験の際は、既存のL0系先頭車・中間車と組み合わせて走行する。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東海、リニアの改良型試験車を製作 2020年春にも完成へ