JR東日本は、2018‐2019「JR SKISKI」キャンペーンを発表した。

キャッチコピーは「この雪には熱がある。」で、女優の松本穂香さんと俳優の伊藤健太郎さんをイメージタレント、イメージソングは4人組バンドsumikaの「ホワイトマーチ」をタイアップ楽曲に起用した。

「JR SKISKI」キャンペーンは、20歳前後の若者をメインターゲットとして、大自然の中を滑走する爽快感、雪山で深まる友情や愛情、“ゲレンデ飯”や温泉で味わう満足感などをアピールするウェブプロモーションをYouTubeなどで展開し、「えきねっとトクだ値」などの割引きっぷ、リクルートライフスタイルが展開する「雪マジ!19」とのタイアップによる格安キャンペーン、びゅう旅行商品のオンライン販売などを行う。

動画はスマートフォンでの視聴に最適化し、縦型動画を主にスマートフォンで撮影した。本編に加え、若者層の個々人・コミュニティの価値観や興味にあった様々な7種類のシーンを用意し、自分が仲間の一人として参加している気分になれる多彩な動画を配信する。本編はきょう12月20日から、続編は2019年1月12日から公開する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「「JR SKISKI」、松本穂香さんと伊藤健太郎さんをイメージタレントに起用 キャッチコピーは「この雪には熱がある。」