ホンダ・エアクラフト・カンパニーは、「HondaJet Elite」の日本での初号機の引き渡しを行った。羽田空港でファーストデリバリーセレモニーを開催した。

初号機は投資家の千葉功太郎氏が発注したもので、堀江貴文氏、山岸広太郎氏らも共同所有者となる予定。

千葉功太郎氏は、「Hondaは世界に誇れる空のパーソナルモビリティーを送り出してきました。この素晴らしいHondaJetを生み出したホンダ・エアクラフト・カンパニー藤野社長をはじめ、開発チームに御礼申し上げます。私も数回、実際に乗りましたが、その静音性、力強さ、なめらかさ、安全性、安定性、そして何よりも機体の美しさは抜群です。小型ジェット機が普及すると、日本全体が一つの都市圏になり、新しい経済活動が加速します。12月20日は、日本における『空の移動革命 Day1』になると強く確信します」とコメントした。

日本での販売は、丸紅エアロスペースをHondaJet Japanに指定し、販売・整備・機体の運用サポートなどの各種サービスを提供する。6月から日本での受注を開始しており、これまでに10機以上を受注している。12月7日には国土交通省航空局から型式証明を取得した。現在は北米、欧州、中南米、東南アジア、中国、中東、インド、日本で販売している。

情報提供元:Traicy
記事名:「ホンダジェット、日本で初納入 投資家の千葉功太郎氏が発注、堀江貴文氏らと共同所有へ