Grabは、現代自動車と起亜自動車が2億5,000万米ドルを出資することに合意し、東南アジアでの電気自動車(EV)の導入で提携する。

まずは2019年にシンガポールで、WVパイロットプロジェクトを開始し、東南アジアに拡大する。クイック電源スタンド網を構築するなどのインフラ改善にも取り組む。すでにシンガポールの政府系企業であるSPグループと、EVスタンド網をGrabのEVで使用するための提携を結んでいる。運転手向けにはカスタマイズ可能な修理パッケージの開発など、東南アジアの高温多湿気候でも効率的にEVを運用できる方法を検証する。

Grabのミン・マー社長は、「当社はシンガポール最大のEV保有企業として、東南アジア各地でEV導入を促進させるため、現代自動車グループと提携することを楽しみにしております。私たちはお互いに、モビリティーの電化が持続可能で環境にやさしく、低コストの交通プラットフォームの構築にとって重要な基盤の一つだという共通のビジョンを持っています」と述べた。

これにより調達額は27億米ドルとなり、2018年末までに30億米ドルを調達する計画。今回の資金調達ラウンドでは、ブッキング・ホールディングスやマイクロソフト、トヨタ自動車、オッペンハイマーファンズ、ゴールドマン・サックス・インベストメント・パートナーズ、シティ・ベンチャーズなどが投資している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「現代自動車と起亜自動車、Grabに出資 東南アジアでのEV導入で連携