キャセイドラゴン航空は、徳島〜香港線を12月19日より季節定期便として開設した。

12月19日から2019年3月30日まで、エアバスA320型機で週2便を運航する。キャセイドラゴン航空はこれまでにもチャーター便として徳島へ乗り入れていた。人気が高いことから、季節定期便化を決めた。

初便の出発に合わせ、徳島空港でセレモニーが開かれ、徳島県の飯泉嘉門知事、キャセイパシフィック航空のチャーリー・スチュワートコックス北東アジア地区総支配人、徳島国際観光大使でEGLツアーズの袁文英社長らが出席した。

これにより、キャセイパシフィックグループの日本の就航都市は7都市8空港に拡大する。2019年4月には、小松にも就航することをすでに発表している。

■ダイヤ

KA323 徳島(16:30)〜香港(20:10)/水

KA323 徳島(17:00)〜香港(21:00)/土

KA322 香港(09:30)〜徳島(14:00)/水・土

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「キャセイドラゴン航空、徳島〜香港線の運航開始 週2便を季節定期便で