JR九州バスは、下松・徳山・防府・美祢~福岡線高速バス「福岡・防府・周南ライナー」の自社担当便の運行を、12月31日をもって終了する、と発表した。来年1月1日から防長交通の単独運行となり、JR九州バス担当便は廃止し、減便となる。

JR九州バスの撤退により、博多バスターミナル午前9時発の下松市役所前行「2号」と、下松市役所前午後5時15分発の博多バスターミナル「9号」は廃止となる。その他の便の時刻や運賃に変更はない。

また、JR九州バス高速予約センターでの予約は来年3月31日までで取り扱いを終了する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR九州バス、「福岡・防府・周南ライナー」から撤退 来年1月から防長交通の単独運行へ