成田国際空港では、A滑走路の内側4本とB滑走路1本の高速離脱誘導路を、12月6日より供用を開始する。

2020年夏ダイヤでの時間値72回を達成するために、A滑走路で6本、B滑走路で1本の高速離脱誘導路を、現在の航空機の性能等に最適な位置や形状に合わせて整備している。

今後、航空当局による運航実態調査等を経て、2020年夏ダイヤでの時間値72回達成に向けて対応を進めていくとしており、2019年度末までに供用開始予定の、残りの高速離脱誘導路の整備や、時間値拡大に伴う駐機場などの整備を進めるとしている。

情報提供元:Traicy
記事名:「成田国際空港、高速離脱誘導路5本の供用開始 12月6日から