全日本空輸(ANA)は、チーズタルト専門店のPABLOとのコラボレーションカフェ「ANA Hangar bay Cafe by PABLO」を、12月19日に羽田空港第1旅客ターミナル5階にオープンする。

店内はバリアフリーに配慮したフルフラットフロア。木材と鉄鋼を基調とし、アメリカ西海岸の木造格納庫をイメージした温かみと開放感のあるデザインで、ゆっくりとくつろげる空間でありながらも、まるで秘密基地にいるような楽しさやワクワク感を味わえる。ANAの機材や格納庫の写真の他、実際に使用されていた機体の部品や整備工具などもインテリアとして展示する。店舗スタッフはキャップを被りデニムのエプロンを着用するなど、整備士をイメージしたカジュアルな制服を着用する。

チーズタルト「PABLO mini(パブロミニ)」シリーズや限定の「フレッシュマスカルポーネの贅沢ティラミス」味、カレーやパスタなどの軽食を提供するほか、オリジナル雑貨も販売する。飲食や雑貨の購入100円につきANAマイルが1マイル貯まる。座席数はソファー席を含め72席。営業時間は午前10時から午後8時まで。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、PABLOとのコラボで格納庫イメージのカフェ 羽田空港に12月19日オープン