マンダリン オリエンタル 王府井

マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループは、中国・北京に「マンダリン・オリエンタル・王府井」を2019年初めに開業する。

香港の大手不動産開発・投資会社である香港ランド社が開発した、王府井地区の高級ライフスタイル施設であるWFセントラル内に位置する。WFセントラルには130以上のショッピングや料飲施設が入居している。

客室数は73室で、客室面積はすべて55平方メートル以上と北京で最大級の広さを誇る。ほとんどの客室から紫禁城を眺めることができるほか、大きな窓や大理石を使ったバスルームなどを設ける。

マンダリン・オリエンタル・香港でミシュランの星を獲得した、ウォン・ウィン-ケウン氏によるアジア料理を提供するオールデイダイニングの「Cafe Zi」、アダム・D・ティハニー氏がインテリアを手掛けた「マンダリン グリル+バー」、国内外のDJの音楽とカクテルが楽しめる「MOバー」を備える。「ザ・スパ・アット・マンダリン オリエンタル 王府井」では、4つのスイートでトリートメントも提供する。

天安門広場や紫禁城、中国国家博物館、中国美術館へは徒歩圏内で、また北京商務中心区にも近い。

情報提供元:Traicy
記事名:「中国・北京に「マンダリン・オリエンタル・王府井」 2019年初めに開業