アメリカン航空は、2019年6月6日から10月26日まで、東京/羽田〜ロサンゼルス線にボーイング777-300ER型機を投入する。

ボーイング777-300ER型機には、ファーストクラス「Flagshipファースト」を8席、ビジネスクラス「Flagshipビジネス」を52席、プレミアムエコノミークラス28席、エコノミークラス「メインキャビン」216席の計304席を備える。

従来運航しているボーイング787-9型機にはファーストクラスを備えていないものの、ボーイング777-300ER型機での運航期間中にはFlagshipファーストのサービスも提供する。

アメリカン航空のスザンヌ・ボーダ(Susanne Boda)ロサンゼルス地区上級副社長は、「フラッグシップ機であるボーイング777-300ER型機は、ロサンゼルスのアジア太平洋地域への玄関口で既に提供しているプレミアムサービスを完璧に補完するものです。東京とロサンゼルスは世界経済にとって重要な拠点であり、忙しい夏季の旅行シーズンに乗客と貨物の需要増に対応するサービスを提供できることを誇りに思います」とコメントしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アメリカン航空、東京/羽田〜ロサンゼルス線にボーイング777-300ER型機投入 ファーストクラス搭載