外務省海外安全ホームページ

在マレーシア日本国大使館は、11月13日にクアラルンプール市内で、日本人女児に対する誘拐未遂事件が発生したとの情報に接したとして、注意喚起を促している。

マレーシアでは依然として、誘拐事件が多く発生している現実があるとしており、当局に対し、周辺地区での警戒強化を申し入れたという。特に子供連れの人に対しては、子どもを絶対一人にしない、必ず親の視界に入る範囲内で行動させるなど、子どもの安全を確保するよう求め、身の危険を感じた場合はその場を離れる、大声で助けを求めるなどの行動を促している。

情報提供元:Traicy
記事名:「マレーシア・クアラルンプール市内で日本人女児が誘拐未遂 大使館が注意喚起