エアアジアXは、福岡〜クアラルンプール線の開設に向けたプロモーションを、福岡市内で開始した。

11月17日と18日に福岡・天神で開催される、「FUKUOKA STREET PARTY 2018」に協賛、出展。ステージではクアラルンプールベースの客室乗務員がダンスを披露したほか、ステージから1つだけハート型のスポンジが含まれている小さなスポンジ100個を飛ばし、拾った人に往復航空券をプレゼントした。ブースではサイコロを3回振り、エアアジアロゴが3回出た人に、クアラルンプール往復航空券をプレゼントしているほか、客室乗務員との写真撮影などのイベント行っている。

週4便をプレミアムフラットベッド12席、エコノミークラス365席の計377席を配置したエアバスA330-300型機で運航する。就航が実現すれば、エアアジアXグループ3社のの日本の就航都市は、札幌/千歳、東京/羽田、東京/成田、名古屋/中部、大阪/関西に次いで5都市6空港目となる。エアアジアグループの福岡への乗り入れは旧エアアジア・ジャパンが2013年10月に撤退して以来となる。

■ダイヤ

D7539 福岡(08:00)〜クアラルンプール(13:00)/月・水・金・日

D7538 クアラルンプール(23:50)〜福岡(07:00+1)/火・木・土・日

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジアX、福岡〜クアラルンプール線就航に向けたプロモーション開始 福岡・天神で