渋谷スクランブルスクエア

渋谷スクランブルスクエア、東京急行電鉄、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京地下鉄(東京メトロ)は、渋谷駅直結、直上の複合施設「渋谷スクランブルスクエア」の第1期(東棟)を2019年秋に開業する。

施設は地上47階建てで、展望施設、産業交流施設、商業施設、オフィスなどによって構成されている。

14階と45階から屋上施設の名称は「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」に決定、スクランブル交差点や富士山、東京スカイツリーを一望でき、デジタルテクノロジーの演出による、体験型展望空間を展開する。15階の産業交流施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)は、200名規模を収容できるイベントスペースなどを設ける各大学と連携し、クリエイティブ人材の育成を目指す。地下2階から14階は都市型商業施設「渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン」、17階から45階はオフィスとなる。ポップアップ・イベントスペースも複数区画設ける。

情報提供元:Traicy
記事名:「渋谷駅直結の複合施設「渋谷スクランブルスクエア」、東棟を2019年秋開業