全日本空輸(ANA)は、機内安全ビデオを国内線は12月1日、国際線は2019年1月1日より刷新する。

テーマは「歌舞伎」で、松竹が全面協力し、歌舞伎俳優の尾上松也氏が監修した。歌舞伎俳優が機内の安全について説明する映像で、搭乗する客室乗務員と音楽が異なる3パターンを制作した。

ANAでは、「機内安全ビデオを通じて安全に対する理解を深めていただくとともに、世界中のお客様にご搭乗のタイミングから日本の伝統芸能・文化に触れていただき、また、日本人のお客様にとってもその素晴らしさを再認識していただく機会につなげたいと考えています」としている。

降機の最に、撮影の裏側がわかるメイキングビデオを放映し、ANAのグループ社員も出演する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、機内安全ビデオを刷新 「歌舞伎」がテーマ