コートヤード・バイ・マリオット 白馬

森トラスト・ホテルズ&リゾーツは、「コートヤード・バイ・マリオット 白馬」を12月22日に開業する。11月1日より宿泊予約の受付を開始した。

長野県白馬村にエリア初の外資ブランドホテルとして開業する。客室は和洋室スーペリアや温泉付プレミアルームを中心とした72室を設けており、温泉、レストラン、フィットネスセンターなどを備えている。

宿泊とスキーリフト券をセットした開業記念宿泊プラン「Snow Getaways」を販売している。スキー場は白馬八方尾根スキー場か白馬五竜スキー場&Hakuba47から選ぶことができる。信州りんごを使用したホテルオリジナルのウェルカムドリンクや、信州食材を盛り込んだチーズフォンデュなどプラン限定のディナーも提供する。価格は1人あたり21,816円から(税、サービス料込み)。期間は12月22日から2019年3月31日まで。

アクセスはJR大糸線白馬駅より車で約10分、白馬八方バスターミナルから車で約5分。チェックインは午後3時、チェックアウトは午前11時。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「森トラスト・ホテルズ&リゾーツ、「コートヤード・バイ・マリオット 白馬」を12月22日開業