スクート

スクートは、2019年第4四半期にもシンガポール・チャンギ国際空港の発着ターミナルを、第2ターミナルから第1ターミナルに移転すうr。

スクートは今後3年間に渡って年間2桁の成長率を見込んでおり、計画達成に向けたひとつの課題としてチェックインから搭乗までのプロセスを強化を課題としている。

第1ターミナルは2019年に改修作業を完了し、到着階はオープン予定の大型複合施設「ジュエル」の1階へ直接つながる予定。チェックインや荷物の預け入れを自動化する「FAST」ゾーンの備えており、旅客処理能力と顧客体験の向上を見込んでいる。移転日は決定次第発表する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「スクート、チャンギ国際空港の発着ターミナルを移転 2019年第4四半期に