日本航空(JAL)と住信SBIネット銀行、JAL SBIフィンテックの3社による共同事業会社のJALペイメント・ポートは、Mastercardブランドのトラベルプリペイドカード「JAL Global WALLET」の受け付けを11月29日から開始する。

「JAL Global WALLET」は、JALマイレージバンク(JMB)会員を対象としたサービスで、JMBカードの基本機能にMastercardのプリペイド決済機能が追加されたカード。日本円でカードにチャージし、会員Webサイトや専用スマホアプリから両替を行うことで、1枚のカードで同時に最大で15の通貨を持つことができる。両替した通貨は、世界中のMastercard加盟店でのショッピングに使えるほか、「ショッピング+ATMコース」では、Mastercardのロゴのある海外ATMからカードの残高の範囲内での現金引き出しが可能。また、両替金額やショッピング金額に応じてマイルを貯めることもできる。カード利用のON・OFF切り替え機能や、カードをかざすだけで支払いができるコンタクトレス機能も搭載している。

申し込み対象者は日本在住で15歳以上のJMB会員。入会金・年会費は無料。

■関連記事 JAL、フィンテックに参入 SBIグループと持株会社と事業会社設立 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとSBI、カード内で15通貨に両替できる「JAL Global WALLET」発行 外貨残高の現金引き出しも