中国南方航空は、スカイチームを2018年12月31日をもって脱退すると発表した。脱退に向けた諸作業は、2019年内に完了する見通し。

中国南方航空は2017年3月、アメリカン航空から2億米ドルの出資受け入れを発表しており、共同運航(コードシェア)などを行うことを発表していた。アメリカン航空が加盟するワンワールドには、中国本土の航空会社は加盟していない。

スカイチームの加盟航空会社は現在20社で、うち3社が中国の航空会社。中国南方航空の脱退後には、中国東方航空(買収した上海航空を含む)と厦門航空の2社となる。スカイチームはデルタ航空やエールフランス航空、KLMオランダ航空、大韓航空が創立メンバー。

アメリカと中国の航空会社の提携は、スカイチームに加盟するデルタ航空と中国東方航空、スターアライアンスに加盟するユナイテッド航空と中国国際航空など、航空連合内で行われてきたものの、アメリカン航空と中国南方航空の間はアライアンスを超えて提携していた。出資が伴う提携は、デルタ航空の中国東方航空への出資に次いで2例目だった。

中国南方航空は声明で、「自社の方針と世界の航空会社の潮流に基づいてスカイチーム脱退を決めた。アメリカン航空などの世界の先進航空会社との提携を強め、新たな協力関係を作る」と表明した。スカイチームは中国南方航空の決定を尊重するとコメントしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「中国南方航空、スカイチームを脱退 年内で