ベトジェットエアは、大阪/関西〜ハノイ線を11月8日に開設した。

初便となるVJ938便は、関西国際空港に同日午前7時55分に到着。機材はエアバスA321neo(機体記号:VN-A674)を使用した。また、同日より同路線で、日本航空(JAL)との共同運航(コードシェア)も開始した。

片道運賃はEcoは4,700円(44米ドル)、Skybossは46,200円(428米ドル)となる。往復をEco運賃で搭乗した場合の総額運賃は大阪/関西発は12,330円(113.26米ドル)、ハノイ発は12,670円(115.07米ドル)となり、合計で25,000円(228.33米ドル)となる。

Eco運賃は機内持ち込み手荷物7キロが含まれている。Skyboss運賃は機内持ち込み手荷物10キロ、預け入れ手荷物30キロ、座席指定、ラウンジの利用、優先チェックインが無料で、予約変更もできる。関西国際空港での指定ラウンジは飛鳥ラウンジとなる。

大阪/関西〜ハノイ線は、ベトナム航空が毎日1便、ジェットスター・パシフィック航空が週4便を運航しており、ベトジェットエアを含めると週18便体制となる。

■ダイヤ

VJ939 大阪/関西(09:20)〜ハノイ(13:10)

VJ938 ハノイ(01:45)〜大阪/関西(07:50)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ベトジェットエア、大阪/関西〜ハノイ線に就航 初便はエアバスA321neo