JR東日本は中央線の特急「あずさ」「かいじ」について、2019年春からE353系に統一する。これに合わせ、普通車全席が事前に座席指定可能となる新たな着席サービスを導入する。

着席サービスは常磐線の特急「ひたち」「ときわ」で導入しているサービスと同様のもので、中央線特急の対象は千葉・東京・新宿~甲府・松本・南小谷間の普通車全車両。乗客は、通常の指定席特急券または、乗車日・区間のみを指定して列車・座席は指定しない特急券(座席未指定券)のいずれかを購入する。座席未指定券を購入した場合は空席を利用できる。乗車前に列車・座席を指定したい場合は、指定席券売機等で追加料金なしで座席指定を受けることもできる。なお、グリーン車は対象外。

指定席特急券・座席未指定券とも料金は同額で、通常期・繁忙期・閑散期の区分なく年間を通じて同一料金。営業キロ50キロまでは750円、100キロは1,000円、150キロまでは1,550円、200キロまでは2,200円、300キロまでは2,500円、400キロまでは2,850円。車内で購入した場合は260円を追加した車内料金となる。

また、インターネットで事前に座席指定を行い、駅で特急券を受け取らずにそのまま乗車できる「えきねっとチケットレスサービス」を導入。同サービスでは指定席料金が一律100円割引となる。導入記念として、さらに割引額を拡大するキャンペーンも予定している。

サービス開始は2019年春を予定している。これに伴い、「あずさ回数券」「中央線料金回数券」「信州特急料金回数券」は発売を終了する。

情報提供元:Traicy
記事名:「中央線特急「あずさ」「かいじ」、全車指定席に 特急料金も一新