インドネシア・エアアジアX

タイ・エアアジアXは、名古屋/中部〜バンコク/ドンムアン線にきょう10月30日、就航した。同路線を運航する初の格安航空会社(LCC)となった。

10月30日から2019年1月31日まではプレミアムフラットベッド30席、エコノミークラス255席の計285席、2月1日以降はエコノミークラス367席仕様のエアバスA330-300型機で、1日1便を運航する。座席構成は通常のエアアジアグループのエアバスA330-300型機と異なる。

タイ・エアアジアXの日本路線は、札幌/千歳、東京/成田、大阪/関西線に次いで4路線目となる。名古屋/中部線の就航により、エアアジア・ジャパンの名古屋/中部〜札幌/千歳線を利用した周遊も可能となる。名古屋/中部へのエアアジアグループの長距離線航空会社の就航は、2016年2月のエアアジアXのクアラルンプール線撤退以来となる。

タイ・エアアジアXのナダ・ブラナシリ最高経営責任者(CEO)は、「この度のバンコクへの直行便開設で、豊富なエアアジアのネットワークによって、タイだけではなく様々な都市へ、名古屋のみなさまをお迎えできるようになりました。エアアジアのお手頃価格の旅で、気軽に出かけていただけるようになるだけではなく、名古屋とタイの関係がより深まるものと確信しております」とコメントしている。

■ダイヤ

XJ639 名古屋/中部(16:30)〜バンコク/ドンムアン(21:10)

XJ638 バンコク/ドンムアン(06:55)〜名古屋/中部(14:20)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「タイ・エアアジアX、名古屋/中部〜バンコク/ドンムアン線就航