香港空港管理局は、10月24日に開通した、香港とマカオ、中国本土の珠海市を結ぶ「港珠澳大橋」の香港出入境手続き施設(Hong Kong Boundary Crossing Facilities)でエアポートチェックインサービスを開始した。

チェックインカウンターとスマートチェックインキオスクで、キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空、香港航空、香港エクスプレス航空の4社のチェックインを午前7時から午後10時30分まで行うことができ、手荷物を預け入れることができる。珠海側でもサービスを行っているほか、2019年第1四半期にはマカオ側でも利用できるようになる。

2022年に開業する香港国際空港の越境車両乗り継ぎターミナルは港珠澳大橋に接続しており、珠海やマカオでチェックインと出国手続きを済ませることで香港国際空港の制限区域の搭乗ゲートに到着できるようにするほか、香港国際空港到着便利用時には香港で入国審査を受けることなく、珠海やマカオへ向かうこともできるようになる。

情報提供元:Traicy
記事名:「香港空港管理局、港珠澳大橋の香港出入境手続き施設でチェックインサービス 香港拠点の4社対応