香港政府観光局は11月1日から4日まで、香港のミニチュアやグルメ屋台が登場する「香港ウィーク2018 Greater Bay Area Showcase」を千代田区丸の内の「KITTE」で開催する。

同イベントは、10月29日から11月11日まで行う香港プロモーションイベント「香港ウィーク」の一環。香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が2017年7月の就任以来初めて日本を公式訪問することに合わせたもので、期間中は香港に関する多彩なイベントを実施する。

「香港ウィーク2018 Greater Bay Area Showcase」では、「KITTE」1階のアトリウムにおいて香港および広東・香港・マカオ大湾区の観光の魅力を紹介。インタラクティブパネルや展示物を通して、香港島の「オールド・タウン・セントラル」の人気ストリートアートなどを紹介するほか、香港の雰囲気をそのまま凝縮した4つのミニチュア作品を展示する。9月に開通した広州・深セン・香港高速鉄道(HSR)や、年末に開通予定の港珠澳大橋(HZMB)、香港国際空港などのインフラ紹介ゾーン、広東省やマカオの観光アトラクションの紹介ゾーンも設ける。

また、「KITTE」南側テラスには、千代田区有楽町にも進出した点心専門店「添好運(ティム・ホー・ワン)」と、板橋区大山の「香港時間」のフードトラックが登場。イベントに参加した来場者は、「添好運」の人気の点心と「香港時間」の香港ローカルカフェメニューが試食できる。

開催時間は各日午前11時から(初日のみ午後5時から)午後9時まで。入場無料。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「香港の観光紹介イベント、東京・KITTEで11月開催 「添好運」の点心試食も