全日本空輸(ANA)とエアージャパンは、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を12月と2019年1月発券分で据え置く。

航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2か月間の平均を、2か月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は1バレル当たり平均89.35米ドル、1米ドル111.43円だったため、円貨換算額は9,956円となった。両社は8月発券分より燃油サーチャージを引き上げていた。

日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国線は1,000円、中国・台湾・香港・マカオ線は3,500円、ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン線は4,000円、タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア線は6,500円、インドネシア・インド・ハワイ線は8,500円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は14,000円となる。

■燃油サーチャージ額(12月~2019年1月/日本発旅程・片道)

北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 14,000円

ハワイ・インド・インドネシア 8,500円

タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 6,500円

ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン 4,000円

中国・香港・台湾・マカオ 3,500円

韓国 1,000円

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、燃油サーチャージ据え置き 12月・2019年1月発券分