JR東日本は、新幹線の試験車両となるE956形「ALFA-X」を2019年5月に落成すると発表した。

試験車両は10両編成で、先頭車両のノーズ部分は従来より長く、1号車は約16メートル、10号車は約22メートルとすることで、トンネル突入時の衝撃はを抑える設計としたほか、「削ぎ」 や「畝り」、「拡がり」といった、風の流れによって作られる要素を取り込んだ。カラーリングは明るいメタリックで、爽快感のあるグリーンの帯を合わせた。

地震時により早く止まるため、空力抵抗板ユニットを屋根上に搭載するとともに、リニア式減速度増加装置の開発を進めている。脱線しにくくさせるため、地震対策ダンパ、クラッシャブルストッパを搭載するほか、車体、台車、軸箱などへの振動や温度センサーを設置し、台車の異常状態を把握できるようにするなど、安全性や安定性も向上させる。着雪にしくい車体構造にするため、床下構造の試験も行うほか、環境性能向上のため、2種類の低騒音パンタグラフも搭載する。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、新幹線試験車料「ALFA-X」を来年5月に落成 ノーズ部分はより長く