JR東日本とJR東日本スタートアップは、サインポストが開発したAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を活用した無人決済店舗の実証実験を赤羽駅で10月17日より開始する。

ホーム上のKIOSK跡を活用した特設店舗で、一般利用者を対象に無人決済店舗の実証実験を行うもので、「スーパーワンダーレジ」を導入することで、食品や飲料など利用者が選んだ商品をAIが把握し、自動的に購入金額を算出。レジで会計待ちをすることなく、交通系電子マネーで短時間に決済を行うことができる。2017年11月にも大宮駅で実証実験実施しており、今回は商品認識率と決済認識率を向上させるほか、複数人を同時追跡して決済を可能とするなど、今後の実用化を目指す。

営業時間は平日午前10時から午後8時まで。場所は赤羽駅5・6番ホーム上特設店舗。期間は2ヶ月程度を予定している。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR赤羽駅で無人決済店舗の実証実験 10月17日から