アシアナ航空は、10月28日から始まる冬スケジュールで、札幌/千歳〜ソウル/仁川線のスケジュールを変更する。

これまでは札幌/千歳発が夕方だったものの、午後に変更することでソウルでの乗り継ぎも可能となる。往復ともに同日乗り継ぎが可能な路線は3路線から、ダナン、ハノイ、ホーチミン、バンコク、シンガポール、セブ、マニラ、クラークフィールド、香港、プノンペン、アルマトイ、サイパン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、広州、成都、桂林、長沙の19路線に大きく拡大する。

機材は11月以降、これまでのエアバスA321型機から、月・火・木・金・日曜はボーイング777-200型機、水・土曜はエアバスA330-300型機に変更し、大型化する。

アシアナ航空では、北海道胆振東部地震の影響で落ち込んでいるインバウンド需要の回復に向けて、韓国で大々的にキャンペーンを実施するという。

■ダイヤ

OZ173 札幌/千歳(13:00)〜ソウル/仁川(16:00)

OZ174 ソウル/仁川(08:30)〜札幌/千歳(11:40)/金

OZ174 ソウル/仁川(09:00)〜札幌/千歳(11:40)/月・火・水・木・土・日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アシアナ航空、札幌/千歳〜ソウル/仁川線のダイヤ変更 同日乗継ぎ19都市で可能に