WILLER TRAVELは、シェル付き独立シート「コクーン」の運行を終了する。

「コクーン」は2010年7月より、東京〜大阪間で運行を開始。後ろの人を気にせずにリクライングでき、プライバシーに配慮した設計で、ビデオオンデマンド(VOD)システムも導入し、映画や音楽も楽しむことができる。リクライニング角度は最大140度、横幅は約46.5センチ。テーブルや電源も設けている。

現在は関東と関西・名古屋を結ぶ路線に投入しており、関西行きK132便は9月30日、関西発K221便は10月1日、名古屋発T459便は12月22日、名古屋行きT358便は12月23日出発便をもって運行を終了する。その後は「リラックス≪NEW≫」で運行する。

これにより、WILLER TRAVELが運行する2列独立シートは、東京と関西を結ぶ路線に投入している「エグゼクティブ」のみとなる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「WILLER、2列独立シート「コクーン」の運行終了