マレーシア航空は、東京/成田〜クアラルンプール線に、2019年3月1日から30日まで、エアバスA380型機を投入する。

今夏にもエアバスA350-900型機に代わって、エアバスA380型機は東京/成田〜クアラルンプール線に投入されている。

マレーシア航空は現在、ボーイング737-800型機、エアバスA330-300型機、エアバスA350-900型機、エアバスA380型機を保有している。エアバスA380型機は6機を保有し、クアラルンプール〜ロンドン線に投入している。ファーストクラス8席、ビジネスクラス66席、エコノミークラス412席の計486席を設けている。

■ダイヤ

MH89 東京/成田(10:10)〜クアラルンプール(17:05)/3月2日〜31日

MH88 クアラルンプール(23:55)〜東京/成田(07:15+1)/3月1日〜30日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「マレーシア航空、東京/成田〜クアラルンプール線にエアバスA380型機投入 来年3月に