気象庁によると、強い台風12号は7月28日午前10時現在、八丈島の東約270キロに位置し、時速45キロで北北西に向けて進んでいる。

中心気圧は970ヘクトパスカル(hPa)、中心付近の最大風速は秒速35メートルで、最大瞬間風速は秒速50メートル。勢力を維持しながら、進路を西寄りに変え、28日夜遅くから29日未明にかけて東海地方に上陸する見通し。その後は速度を落としながら、西日本を西に進む見込み。

29日正午までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、関東甲信・東海地方で400ミリ、伊豆諸島と四国地方で300ミリ、近畿・中国地方で200ミリ、東北・北陸地方で150ミリ。東日本太平洋側では局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れがある。

東日本や西日本の太平洋側では、海上を中心に猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなる見込み。29日にかけて予想される最大瞬間風速は、伊豆諸島と東海・近畿地方で50メートル、関東地方で45メートル、中国・四国地方で35メートル、北陸・九州北部地方で30メートル。

日本航空(JAL)は76便、エア・ドゥは28便、全日本空輸(ANA)は18便、バニラエアは12便、ピーチは8便、スカイマークは5便、ジェットスター・ジャパンは4便、フジドリームエアラインズ(FDA)は3便の欠航を決めた。東京湾フェリーは最終便までの28便の欠航を発表している。

(画像:気象庁)

情報提供元:Traicy
記事名:「台風12号、関東地方接近 航空便150便以上が欠航決める