MRJ(ファンボロー、さかいもとみさん撮影)

2020年中頃の初号機納入に向け、テスト飛行が進められている三菱航空機製のジェット旅客機MRJ90が7月16日午後、イギリス・ロンドン郊外のファンボローエアショー(ファーンバラエアショー)で初の展示飛行を行った。同型機は2017年夏に開かれたパリエアショー会場で展示されたが、観覧者の前でデモ飛行するのは今回が初めてとなる。

ショーで展示されている機体は、昨年のパリショーでお披露目となった試験飛行3号機で、ローンチカスタマーの全日本空輸(ANA)の塗装がなされている。会場ではこの日午後から各社の新鋭機が次々とデモ飛行を行う中、MRJは予定より約10分遅れの午後2時半過ぎ、ファンボロー空港を飛び立ち、急上昇や周回飛行を繰り返し、約8分間のデモを無事終了した。

MRJ(ファンボロー、さかいもとみさん撮影)

飛行展示の直後に行われた日系メディア向けの記者会見で、三菱重工業の宮永俊一取締役社長兼最高経営責任者(CEO)は「MRJ90はこの数十年で最新の技術を集めて作られた機体だ。ボーイングとエンブラエル、また、エアバスとボンバルディアがそれぞれ手を結んだが、これらの他社機は我々の機体よりも大きい100席以上の座席数を持つ。100席以下の機体を生産する我々は他社と差別化し、シェアを確保したい」と語った。

情報提供元:Traicy
記事名:「【速報】MRJ、英航空ショーで初の飛行展示 約8分間ファンボローの空を舞う