日本航空(JAL)は、「平成30年7月豪雨」を受け、災害支援者への搭乗協力や支援物資の輸送協力、義援金・マイル寄付などの支援を実施する。

7月10日から31日までの間、政府や地方自治体からの要請によって救援支援に向かう人、災害ボランティア活動支援プロジェクト会議と特定非営利法人ジャパンプラットホームに参加している民間救助団体で、現地ボランティアセンターの運営支援やボランティアコーディネーション業務を行う人を対象に、無償で輸送の協力を行う。

対象便は、JAL便名で運航する国内線で被災地を目的地または出発地とする便で、災害支援者サポートデスクで予約・発券の取り扱いを行う。日本トランスオーシャン航空(JTA)、日本エアコミューター(JAC)、琉球エアコミューター(RAC)が運航する便は除外となる。同期間、救援支援物資の無償輸送を一定の条件のもとで行う。

さらに義援金として、社会福祉法人中央共同募金会へ500万円を寄付するほか、JALチャリティ・マイルによるマイル寄付の募集を行う。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、豪雨の被災者に向けた支援実施 災害支援者への無償搭乗協力など