オーストリア航空は、路線計画を見直す。

10月から、ウィーンと香港、ハバナ、コロンボを結ぶ路線を縮小する。マイアミを結ぶ路線は、夏期限定での運航とする。

今後、北米と中国路線を強化する。ウィーン〜シカゴ線を毎日、ウィーン〜ニューアーク線を週6便の週13便を運航する。さらにウィーン〜ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ線を最大週5便運航する。ウィーン〜トロント・北京・上海/浦東線もそれぞれ週1便を増便し、週5便を運航する。これにより、北米には最大週29便、アジアには最大最大19便を運航することになる。

オーストリア航空は12機の長距離線機材を活用して運航している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「オーストリア航空、路線計画見直し 香港線など縮小