デルタ航空は、大阪/関西〜シアトル線の運航を、2019年4月1日(大阪/関西発は翌2日)より再開すると発表した。航空券の販売も開始した。

機材はフルフラットとなるビジネスクラス「デルタ・ワン」25席、足元が広い「デルタ・コンフォートプラス」29席、エコノミークラス「メインキャビン」171席の計225席を配置した、ボーイング767-300ER型機を使用する。機内Wi-Fi、エンターテインメント、電源を全席で提供する。所要時間は大阪/関西発は10時間、シアトル発は11時間25分となる。

大韓航空との太平洋路線の共同事業に含まれるものとなり、両社では日本の12都市に乗り入れることになる。

■ダイヤ

DL183 大阪/関西(16:00)〜シアトル(10:00)

DL182 シアトル(12:00)〜大阪/関西(15:25+1)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「デルタ航空、大阪/関西〜シアトル線を来年4月1日より運航再開 航空券販売開始